ファッシング ミュンヘン 2017

2017年のミュンヘンのファッシングパレードは2月19日に行われます。キリストの復活日から46日前を「灰の水曜日」と言い、それ以前の数日間、馬鹿騒ぎをして楽しもうというイベントだそうです。過ぎても、慎ましやかに過ごしているとはとても思えませんが・・・

パレードでは、老若男女が仮装し、歌やダンスを交えて通りを練り歩きます。併走する乗り物のデコレーションも楽しみの一つです。見物客には、飴やらチョコレートやらお菓子がばら撒かれます。他の地方だと箱ごとみたいな話を聞きますが、ミュンヘンは個別にばらばらとまかれます。プラスチックのボールやアヒルを配っている人もいます。

公式サイト(パレード)

公式サイトに以下のルートが記載されていますが、分かりにくいので地図に記しましたので、参加の際にはご利用ください。

Herzog-Wilhelm-Straße – Sendlinger Straße – Marienplatz – Dienerstraße – Hofgraben – Pfisterstraße – Sparkassenstraße

 

Googlemap

 

Neo4J 3.1.0 CE windows版をShellで使う

Neo4Jは、ブラウザインターフェースで大概の機能を使用することが出来る。しかしながら大量のノードやリレーションを一気に読み込むには向いていないので、やはりシェルからデータ登録することが使い勝手がいいと思う。

ブラウザからの入力の特徴

(#個人的な見解なので、間違えていたら教えて下さい)

  • Neo4J内部では入力は1行扱い
  • 1行扱いなので、変数を利用することが可能
    変数は改行するとクリアされるので、リレーションを作る際に、ノードを指定するためにMATCHする必要がある。
  • 複数行扱いを狙って、改行を入れるとErrorになる
  • 複数の処理をスクリプト化したものを処理出来ない
  • (恐らく) 処理可能な行数に限界がある。

Shellを求めて他のサイトを参考にして、「Option」をクリックすると、、、

「Command Prompt…」は無くなっていました。

Neo4j 3.1.0 CEでShellを使う

ユーザの作成

Shellを起動しても、(neo4j/neo4jでも)ログイン出来ないので、まずはブラウザからユーザー登録をする必要があります。

  1. Database Information タブ -> Admin: server user list
  2. Add new user
  3. ユーザー名とパスワードの入力

Neo4j の起動

Install Dir/bin/cypher-shell.bat から起動します。「ダブルクリック」、または「ファイル名を指定して実行」で構いません。

次のように、Cypher Shellが起動します。

username: xxx
password: ******
Connected to Neo4j 3.1.0 at bolt://localhost:7687 as user yosh.
Type :help for a list of available commands or :exit to exit the shell.
Note that Cypher queries must end with a semicolon.
neo4j>

出来てしまえば簡単なことでしたが、ユーザーをブラウザで作る必要があるところではまりました。Shellが使用可能だとかなり使い勝手が良くなりました。あたりまえのことかもしれませんが、Shellとブラウザのデータベースは共通なので、どちらからでも同様にアクセスが可能です。

 

 

 

スターアライアンスの基本マイレージと世界一周

ANAでは、マイレージの加算に対して、マイレージチャートを定めています。マイレージチャートとは、区間ごとに定められたマイル数の一覧です。この区間基本マイルは、毎年秋にIATA(国際航空運送協会)より発行される「TPM(運賃計算に使用する区間距離)」を基準にしています。「TPM」は、飛行機による都市間の直行距離を定めた世界標準で多くの航空会社が採用しています。ANAではTPMを100%(区間基本マイル)に設定し、予約クラスに応じた積算率を乗じて、取得マイルが決まります。

ANA SKY WEB

ANAやJALの旅行を考えた場合、各々のサイトを利用することで取得マイルを計算することが可能です。

ANA フライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

JAL FLY ONポイント

スターアライアンス加盟の航空会社を利用する場合でも、ANAのマイルを取得することが可能ですが、マイル取得数がいくつになるかなかなか分からないものです。今後、このスターアライアンス系航空会社のマイル情報をまとめていきます。

私の計画の一つに、マイルの特典航空券を使った世界一周旅行がありますが、ANAの場合、総基本マイレージに応じて、必要なマイル数が変わります。この総マイル数の計算が非常に面倒です。スターアライアンスのサイトで総マイル数を計算することが可能ですが、頑張って経路を作成しても、2万マイル程度です。ANAのチャートだと、5万マイルまで設定があるので、今後いろいろなルートを探索していきます。

ANAの世界一周の規定

世界一周の旅程のみ、全旅程の距離(区間基本マイレージの合計。地上交通区間は移動マイルとして計算に含めません。)に応じて必要マイル数を算出します。太平洋、大西洋を1回ずつ飛行機を利用して横断する必要があります。ルートは東回り、あるいは西回りのどちらかで逆回りはできません。出発地と最終帰着地の間で最大8回の途中降機が可能です。(ただし欧州での途中降機は3回まで、日本国内での途中降機は4回までです。)また、出発国に戻る最後の国際線搭乗は、最初の国際線搭乗から10日目以降になります。旅程は最大12フライト区間に加え、最大4区間の「地上移動・同じ都市での異なる空港間移動」が可能です。

  • ※ANAウェブサイトではご予約になれません。ANAマイレージクラブ・サービスセンターにご連絡ください。

何カ国かを飛行機で周遊する場合、個別に航空券を購入すると非常に高額になることがあります。以前に、HND–>MUC->SFO->HNDをルフトハンザ、ANAで回ろうとしましたが、60万を越える見積もりが来たときがあります。(ダメな代理店だったのかもしれません。)。スターアライアンスの世界一周チケットを使うと、同日程+1都市で、30万程度となったので、半額以上安くなることもあります。3都市に1日以上滞在する必要があるので、2都市を回る場合には、用事が無い場所にも滞在する必要があります。。。

まずはWordPressを使いこなさなくては

WordPressを使い始めました。10数年前の学生時代、HTMLを直接書いた知識も絶え絶えになり、まぁ何をしたらいいかさっぱりな状況になってしまいました。

Default状態では、表の挿入や編集、画像レイアウトが大変なので、やりたくない・・・

今時、直書きな時代でも無いと思い、調べてみるとWordPressにはいろいろ便利なプラグインがあることがわかったので、早速インストールしてみることにした。

 

TinyMCE Advancedのインストール

まずは、表を綺麗に書くために、TinyMCE Advancedをインストールする。

プラグインのインストール

WordPressの管理画面のメニューから「プラグイン → 新規追加」とクリックし、プラグイン追加を行う。

キーワード検索にて、TinyMCE Advancedを検索し、「今すぐインストール」->「有効化」を行う。

管理画面のメニューの中の設定のTinyMCE Advancedから、エディタ設定を変更することが出来るようになりました。

表を書くことが出来ました。

シアトル 7,162 5,968 4,775 3,342 2,387 1,432
サンフランシスコ 7,695 6,412 5,13 3,591 2,565 1,539
サンノゼ 7,743 6,452 5,162 3,613 2,581 1,548
ロサンゼルス 8,187 6,822 5,458 3,82 2,729 1,637
ヒューストン 9,987 8,322 6,658 4,66 3,329 1,997
シカゴ 9,424 7,853 6,283 4,398 3,141 1,884
ニューヨーク 10,084 8,403 6,723 4,706 3,361 2,016
ワシントンD.C. 10,143 8,452 6,762 4,733 3,381 2,028

 

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !