Neo4J 3.1.0 CE windows版をShellで使う

Neo4Jは、ブラウザインターフェースで大概の機能を使用することが出来る。しかしながら大量のノードやリレーションを一気に読み込むには向いていないので、やはりシェルからデータ登録することが使い勝手がいいと思う。

ブラウザからの入力の特徴

(#個人的な見解なので、間違えていたら教えて下さい)

  • Neo4J内部では入力は1行扱い
  • 1行扱いなので、変数を利用することが可能
    変数は改行するとクリアされるので、リレーションを作る際に、ノードを指定するためにMATCHする必要がある。
  • 複数行扱いを狙って、改行を入れるとErrorになる
  • 複数の処理をスクリプト化したものを処理出来ない
  • (恐らく) 処理可能な行数に限界がある。

Shellを求めて他のサイトを参考にして、「Option」をクリックすると、、、

「Command Prompt…」は無くなっていました。

Neo4j 3.1.0 CEでShellを使う

ユーザの作成

Shellを起動しても、(neo4j/neo4jでも)ログイン出来ないので、まずはブラウザからユーザー登録をする必要があります。

  1. Database Information タブ -> Admin: server user list
  2. Add new user
  3. ユーザー名とパスワードの入力

Neo4j の起動

Install Dir/bin/cypher-shell.bat から起動します。「ダブルクリック」、または「ファイル名を指定して実行」で構いません。

次のように、Cypher Shellが起動します。

username: xxx
password: ******
Connected to Neo4j 3.1.0 at bolt://localhost:7687 as user yosh.
Type :help for a list of available commands or :exit to exit the shell.
Note that Cypher queries must end with a semicolon.
neo4j>

出来てしまえば簡単なことでしたが、ユーザーをブラウザで作る必要があるところではまりました。Shellが使用可能だとかなり使い勝手が良くなりました。あたりまえのことかもしれませんが、Shellとブラウザのデータベースは共通なので、どちらからでも同様にアクセスが可能です。

 

 

 

まずはWordPressを使いこなさなくては

WordPressを使い始めました。10数年前の学生時代、HTMLを直接書いた知識も絶え絶えになり、まぁ何をしたらいいかさっぱりな状況になってしまいました。

Default状態では、表の挿入や編集、画像レイアウトが大変なので、やりたくない・・・

今時、直書きな時代でも無いと思い、調べてみるとWordPressにはいろいろ便利なプラグインがあることがわかったので、早速インストールしてみることにした。

 

TinyMCE Advancedのインストール

まずは、表を綺麗に書くために、TinyMCE Advancedをインストールする。

プラグインのインストール

WordPressの管理画面のメニューから「プラグイン → 新規追加」とクリックし、プラグイン追加を行う。

キーワード検索にて、TinyMCE Advancedを検索し、「今すぐインストール」->「有効化」を行う。

管理画面のメニューの中の設定のTinyMCE Advancedから、エディタ設定を変更することが出来るようになりました。

表を書くことが出来ました。

シアトル 7,162 5,968 4,775 3,342 2,387 1,432
サンフランシスコ 7,695 6,412 5,13 3,591 2,565 1,539
サンノゼ 7,743 6,452 5,162 3,613 2,581 1,548
ロサンゼルス 8,187 6,822 5,458 3,82 2,729 1,637
ヒューストン 9,987 8,322 6,658 4,66 3,329 1,997
シカゴ 9,424 7,853 6,283 4,398 3,141 1,884
ニューヨーク 10,084 8,403 6,723 4,706 3,361 2,016
ワシントンD.C. 10,143 8,452 6,762 4,733 3,381 2,028